当社のウェブサイトではクッキーを使用しています クッキーの中には、サイトの一部を運営する上で不可欠なものがあります。


ラスベガスは24時間、眠らない街。つまりほとんどの時間、ネオンはオフにされたまま。そこで、太陽が出ている間のラスベガスに光を当て、ナイトライフだけじゃないラスベガスの魅力をご紹介します。

#24時間あそベガス

絶叫マシン

屋外ダイニング

体験型アトラクション

ラスベガスの歴史

雄大なアウトドア

ゴルフ

絶叫マシン

朝食と夕食の間には、楽しいことが盛りだくさん!高さ約350mで東京タワーよりも高い「ストラトスフィア・タワー」の展望デッキにある4つの絶叫マシンに乗ったことありますか? スカイ・ジャンプ、ビッグ・ショット、エックス・スクリームにインサニティと、全てのアトラクションがあなたを驚きとスリルの世界へと陥れます。もっともっとアドレナリンが溢れ出るような興奮を体験したいなら、ニューヨーク・ニューヨークにある時速108kmで摩天楼を駆け巡るローラーコースターに乗っても良いですし、ラスベガス・モーター・スピードウェイの「エキゾチック・レーシング」で本物のレーシングカーに乗って、サーキットを駆け抜けることもできます。

屋外ダイニング

外の空気に触れられるダイニングでちょっと休憩を取ったり、ランチをしながらラスベガスを行き交う人々の人間模様に想いを馳せませんか? カジノホテルの草分け的存在であるフラミンゴ・ラスベガス内にある「ジミー・バフェット」のパティオで、ランチとマルガリータをお楽しみください。あるいは、パリス・ラスベガス内にあるフレンチレストラン「モナミガビ」のパティオからベラージオの壮大な噴水を眺めるのもいいでしょう。

体験型アトラクション

午後は、MGMグランドにある「CSI:ザ・エクスペリエンス」で犯罪捜査官としてのスキルを試してみませんか。人気TV ショーの世界から飛び出して来た、リアルな3つのミステリーから1つ選び、捜査官として事件の真相に迫っていく謎解きアトラクションです。

ラスベガスの歴史

ダウンタウンのMob博物館でラスベガスの歴史を少し垣間見てみましょう。Mob博物館は、マフィアがテーマの博物館。ラスベガスの悪名高いギャングの全貌を語り継ぐインタラクティブな展示品やアイテムを見ることができます。またダウンタウンへ出かけたついでに、ネオン博物館の「ボーンヤード」にも足を運んでみましょう。ここは、1930年代から1990年代初期までに実際に使用されていたラスベガスのネオン看板を目にすることができる、デイタイム限定の博物館です。さらには、ネバダ核実験場で実施されている実験や、核がアメリカに及ぼした影響などをテーマにしたアメリカ国立核実験博物館もあります。

雄大なアウトドア

あなたのToDoリストに、「雄大な自然を存分に味わいたい」と書いてあるなら「レッド・ロック・キャニオン」まで足を運んでみよう。約50kmに及ぶハイキング・トレイル、ロッククライミング、乗馬やピクニックエリアがあります。また、涼しい場所でハイキングをするなら、美しい風景が広がる「ハンボルト トワヤブ国立森林公園」内にある、避暑地「マウントチャールストン」まで短いドライブの旅はいかがでしょう。ガイド付きのピンク・ジープ・ツアーで南西部を探検してみたり、ミード湖でクルーズを体験したり、レイク・ラスベガスの周りを散歩してみましょう。

 

「ワイルドライフハビタット」では、チリーフラミンゴやその他の羽が生えた仲間たちに出会えます。あるいは「スプリングス・プリザーブ」でラスベガスの過去・現在・未来のストーリーを語る300点以上ものインタラクティブな展示を見に行ってみましょう。

 

ゴルフ

さて午後になったら、そろそろティータイム。もちろん、ゴルフのことです。有名なロックバンド・キッスの世界観をテーマにした、暗闇に光る屋内ミニチュア・ゴルフコースに狙いを定めましょうか。それとも、ラスベガス・ブルバードのタウンスクエアの向かい側にある「ラスベガス・ゴルフセンター」で友達と気軽にパー3ラウンドを楽しんでみませんか。

 

これで、いま何時だとしても、ラスベガスを攻略できるでしょう!

#24時間あそベガス