当社のウェブサイトではクッキーを使用しています クッキーの中には、サイトの一部を運営する上で不可欠なものがあります。

Map

神秘的なマーメイドのショー


約40万リットルの大きな水槽が彼女の職場。同僚はというと、かつて彼女の面目をつぶしたサメやアカエイを含む1500匹もの色々な魚たち!彼女の尾はとても大きくて、シーフードじゃなくてステーキが好物?!これって、なんだかんだ言って、共食いはしないってことでしょうか?

アリアナ・リウッツィのマーメイドとしての生活、それは、シルバートン・カジノ・ホテル内で泳ぎ回ること。それは、ネバダデザート・マーメイズと呼ばれるグループで若いころにトレーニングをしたことから、運命づけられていたとか。
アリアナは愛想よく大人や子供たちを楽しませるショーをひと休みして、身体を乾かし(!)、このユニークで実に変わった仕事について答えてくれました。

Q: アリアナはディズニーのマーメイドのアリエルによく似ているわよね。名前もそうだし、このことに関して何か運命を感じてる?
A: 全くその通り。小さいころからいつもマーメイドになることを夢見ていたの。母は私がいつも近所の子供たちやビーチの子供たちを呼び寄せちゃうんじゃないかって冗談を言ってた。母はスロバキア出身で別な言葉を話すの。だから、私たちはよくスロバキア語で話すんだけど、子供たちにはそれがマーメイドの言葉だって言っているの。

Q: シルバートン・カジノ・ホテルでマーメイドになることについてどうやって知り、興味を持ったの?
A: 私は8歳の時にラスベガスのネバダデザート・マーメイズというチームでシンクロナイズド・スイミングを始めたの。コーチのヘザー・カラスコは当時大きなショーが開催される時ここで働いていて、私が高校を卒業してシンクロをやめた時、コーチがこの仕事のオファーをくれたのよ。

Q: どのくらいの時間この仕事をしている?
A: 私はフルタイムのマーメイドだから、ここに週に40時間はいるわね。トレーニングは以前は毎日学校終わりに5時間あったの。だから、キャピキャピした高校生活は送ってなくて、いつも水泳の大会…つまり水中にいる時間が多かったってこと。私たちはどれだけ水中で過ごしたか数えるのが好きねって当時いつも笑いの種にしていたのよ。

Q: 1週間のうち大体どれくらいの時間水中にいるの?
A: 多分、週に20時間くらいかな。15〜20時間くらい。

Q: この仕事で好きなこと、ここでどのくらいの間働いているのか教えてくれる?
A: ここには6年間いて、好きなことは…たくさんありすぎるわ。ここで嫌な日なんてないの。私にとって嬉しいのは動物たちと働けること。水中でサメたちやアカエイ、そして魚たちと一緒なんだもの。とてもユニークで、私が大好きなことね。もう一つは、子供たちかな、私を本物だって信じてくれているね。あとは…

Q: ん?でもあなたは本物、よね?
A: そうよ!私を見に世界中から子供たちが来るの。彼らの顔が輝くのを見るのは素敵なことよ。

Q: マーメイドとしての生活で面白いお話はある?
A: 毎日とてもたくさんのものを見ているわ。婚約、誕生日、結婚式の一部になったりね!水中での結婚式は本当に素晴らしかったのよ。ドイツから来たカップルだったけど。私も3つの挙式に携わったの。

Q: あなたが本物のマーメイドだって初めて話した時、友達や家族はどんな反応だった?
A: 旧友に偶然出会ったときはおかしかった。最初はそのことは話題にしなかったの。彼らに先に近況を話してもらっていたのよ。だって、後から質問攻めにあうって分かっていたから。皆とても協力的で、これまで応援してくれなかった人なんかいないのよ。

Q: どんなことをよく聞かれるのかしら?
A:「水中でどれくらい長く息を止めていられるか」かな。

Q: それで、答えは?
A: たぶん1分ちょっとかな。でも、今は完全に甘えちゃっているわ。水槽の下にエアタンクがあるから、息をつかなきゃと感じた時は息をついているの。でも、シンクロナイズドスイミングでは完全に逆ね。だって、水中にいるようにトレーニングしているんですもの。

Q: 水槽の中を泳ぎ回っていない時にシルバートン・カジノ・ホテルでしたいことは何かしら?マーメイドは水がないと遠くまでいけないわよね?水槽を離れている時は何が起こっているの?
A:水槽の中だと冷えちゃうから、私たちはスターバックスに行くのが好きなの。スターバックスのシンボルはマーメイドに似ているから親近感があるわ!ツイン・クリークスはここでの私のお気に入りのレストランで、数回行ったことがあるけど、すばらしかったわ。皆が私たちを連れて行ってくれるのよ。

Q: 何がシルバートン・カジノ・ホテルを特別なものにしているのかしら?
A: この雰囲気全てよ。ここにはストリップ通りの観光にありがちな忙しさはないの。ストリップの外にあってとてもパーソナルな空気がある。ラスベガス・ブルーバードの渋滞で45分間も車の中で座る必要もないしね!

Q: どのくらいシルバートン・カジノ・ホテルでマーメイドを続けることを考えているの?
A: 仕事は全部大好き。快適に感じる水中にいられるのも、動物たちと一緒に働けるのもね。 小さい頃だって海洋生物学者になりたかったんですもの。

Q: 将来のマーメイド希望者に何かアドバイスはあるかしら?
A: 私のように水中でたくさんの幸せを見つけて、水槽を本当に楽しんでくれることかな。たとえ毎日水槽の中にいたとしても、どんなに水の中の世界が美しいか気づかないこともあると思うの。だから、ほんの少し時間をとって周囲の状況を楽しむことが大切。とっても素敵な環境なんですもの。

マーメイドたちのパフォーマンスは木曜日から日曜日の午後に、夕方まで行われています!