当社のウェブサイトではクッキーを使用しています クッキーの中には、サイトの一部を運営する上で不可欠なものがあります。

Map

ゴードン・ラムゼイとラスベガス

数々の素晴らしい創作料理を生み出してきたセレブリティ・シェフのゴードン・ラムゼイが、今年とても楽しみにしているものがある。それは、一切れのバースデーケーキ。これには理由が二つある。

――― Caesars Palaceシーザース・パレスが今年、50周年を迎える…ついでに、気難しいシェフも一人50歳を迎えるんでね。

と、ラムゼイ氏。さらに、別の誕生日に予定も。Caesars内Gordon Ramsay Pub & Grillゴードン・ラムゼイ・パブ&グリルがもうすぐ3周年を迎えるのだ。

――― ここで僕の誕生日パーティーをして、お祝いムードを共有できたら、これほど最高のコラボはないよ。すごくエキサイティングなプランが幾つかあってね、すごいことになるよ。なんて素晴らしい50歳のお祝いだろう。

ラムゼイ氏は、人気番組「Hell’s Kitchen ヘルズキッチン〜地獄の厨房」や、数々の賞を受賞した世界各地のレストランで有名だが、ラスベガスで経営するPlanet Hollywoodプラネットハリウッド内BurGRバーガーやParis Las Vegasパリス・ラスベガス内Gordon Ramsay Steakゴードン・ラムゼイ ステーキなどについて聞かれると、熱く語ってくれた。

――― 10年前に、ゴードン・ラムゼイがStripストリップのBurGR で150万個もハンバーガーを売ろうとしている、と言われても、誰も絶対に信じなかっただろう。3年間で150万個だよ。一年で50万個。50万個のバーガーがどれくらいか想像がつきますか?150万個のバーガーを並べるとStripの端から端まで約6.8km届いちゃうんだ。怖いよね。でも、一個一個が人の手でこねられて、味付けされて、調理されているなんて素晴らしいだろう。単なる調理のプロセスじゃない…愛のある仕事なんだ。他に類を見ないことだと僕は思っている。
 

"I’m very grateful for being made to feel at home here."

ラムゼイ氏はラスベガスでの成功を特に喜んでいる。ラスベガスは世界でトップのグルメ都市だと語る。

――― 驚くほどの活気がある。ここで成功するのは難しい。今は食の水準がすごく高いからね。ニューヨーク、ロンドン、パリと比べても、ラスベガスはもうそこまで来ている。すごく素晴らしいことだよ。自分のステーキハウスとハンバーガー屋をラスベガスで持つことは、どんなシェフにとっても夢だ。ここは世界のトップシェフの競争の場でもあるんだ。 Nobuノブだろうが、Guy Savoyギー・サボワや Bobby Flayボビー・フレイだろうが誰にとっても。みんなここに集まり、競い合うことで、ますます良くなっていく。それぞれに独自のスタンダードがあり、スタッフも抜群。今では文化も素晴らしい。
自分のステーキハウスとハンバーガー屋をラスベガスで持つことは、シェフにとって夢が実現したということ。

ラムゼイ氏は、1年で多い時は12回ほどラスベガスを訪れるという。

――― ロサンゼルスに家があるから、移動が楽なんだ。ここに来るたびに、少しずつ故郷にいるような感覚になってきた。昨晩The Cromwellクロムウェルにチェックインしたんだけど、あそこは大好きだね。180部屋の部屋数がありくつろげる。美しいホテルで小さなオアシスだよ。この夏は、ここから40分の農場で、馬に乗り牛の世話をしたのだけれど、最高だったね。幸運なことに、Cirque du Soleilシルク・ドゥ・ソレイユのチームと一緒になり、食生活の取り組みを始め、アスリート達一人ひとりが何を食べているのか、そして改善点は何なのかを見ていくことになったんだ。僕は文化に入り込みたいと思っている。だから、ダウンタウンに行くんだ。感じのいい小さなレストランがいくつかあってね。都市部からローカルなコミュニティーに引っ越していくシェフを何人か見ているけれど、すごくいいことだね。

ラムゼイ氏は広くラスベガスに名前と料理が知れ渡るセレブシェフとなった。では、例年開催される食の祭典Vegas Uncork’dベガス・アンコルクドに彼らが集うと何が起こるのか。

―――Uncork’d…世界中どこを探しても同じものはない。たくさんフェスティバルを開催したり、ずっと世界を旅したりしているけど、週末に、ブロガーであろうと常連客であろうと、誕生日を迎える人であろうと…これほど多くのシェフとグルメが集まる場所はどこにもないよ。素晴らしいシェフに会える滅多にない機会なんだ。レッドカーペットに立って写真を撮るとおかしくていつも笑っちゃうんだ。みんなすごく礼儀正しくて、握手を交わしたりしてるんだけど、内心は『写真の真ん中に立ってるのは誰?』って思ってるんだよ。僕がいつも真ん中ということはみんな僕のことが嫌いなんだ。

ラムゼイ氏はおどける。

――― でも僕は秘密を知ってるんだ。昨日わかったんだけどね。一番に着いちゃダメなんだ。そうすると、端っこにやられちゃう。だからみんなが揃うまで待つ。結局、僕はみんなの間に立つのが好きなんだね。
 

“The vibrancy here is incredible."

Gordon Ramsay Pub & Grillは、他では類を見ない本物のイングリッシュ・パブの体験ができる。パブには36の生ビールと、63の瓶ビールが用意されている。必ず注文したいのは何?

――― レストランのオーナーでさえも決めるのが大変だよ。難しいね…料理を選ぶのって、その時の自分のムードによると思う。好きな料理は何?僕はね、3000個あるんだ。どこにいるかとか、誰といるかとか、座席とか、全部が関係してる。ランチメニューにフィッシュ・アンド・チップスがあって、160万皿売ったんだ。後はSlidersスライダーが美味しいのは確実。僕だったら、ビールスープの後にメインコースでshepherd’s pieシェパーズ・パイかフィッシュ・アンド・チップスをいただくかな。デザートは絶対sticky toffee puddingスティッキー・タフィー・プディングかspotted dogスポテッド・ドッグだね。

ラムゼイ氏はラスベガスのためにこれから何を料理してくれるのだろう。たくさんあるようだ。
――― 来年、LINQにフィッシュ・アンド・チップスのベンチャーを立ち上げるんだ。現在進行中だよ。最高のレストランBread Street Kitchenブレッド・ストリート・キッチンと組み合わせて、ここ4年でシンガポール、香港、ドバイとロンドンにレストランをオープンしたんだんだ。僕の夢はBread Street Kitchenをここで開くこと。Shake Shackシェイク・シャックがファミリー向けのユニークなハイエンドレストランに出会う感じかな。魔法がつまった場所になるね。
それからここでGordon Ramsayクッキング・アカデミーを開きたい。この話も今進めてる。ラスベガスが独立できるほど大きくなった今では、ここに多くの食べ物がある。ニューヨークと競争できる。ロンドンと競争できる。活気がある。ここには何でもある。