当社のウェブサイトではクッキーを使用しています クッキーの中には、サイトの一部を運営する上で不可欠なものがあります。


華やかな雰囲気、そして魅力的な街並み。おさまることを知らないアクティビティの波を楽しみたいなら、「世界のエンターテイメント都市・ラスベガス」は素晴らしいバケーションスポットになるでしょう。あなたがまだ知らない驚きの体験が、まだまだラスベガスにはあります。あなたの旅行を、唯一無二の体験にしてくれる10の「マル秘 情報」をご紹介します。

#24時間あそベガス

1. サメと触れ合える水族館

ラスベガスは、「ラスベガス・ストリップ」や「眠らない街」として有名ですが、どこにもない変わった水族館もあります。マンダレイ・ベイの中にある「シャークリーフ水族館」は、2000を超える水生動物や100以上の生物を取り扱った水族館。あっと驚くような海中の旅へ連れて行ってくれます。あなたにもし勇気とダイバーのライセンスがあるなら、30種のサメと共に回遊できるアクティビティで、別次元の水族館体験を楽しめるでしょう。

2. 世界的な芸術作品が集まる美術館

自分の中に眠るアーティスティックな感性をくすぐりたいなら、ベラージオの中にある「ベラージオ・ギャラリー・オブ・ファインアート」は見逃せません。ラスベガス随一であるこのギャラリーは、「ピカソ・リーチャーズ・アンド・クリエイティビティ展」、「ファベルジェ・リビールド展」、「ウォーホール・アウト・ウエスト展」やボストン美術館からやってきた「パリジェンヌ展 時代を映す女性たち」など、世界でも有数の魅力的な作品展を開催してきた、名のある美術館です。

3. グランド・キャニオン

ベガスへ来たのなら、グランド・キャニオンまで足を運ぶ価値はあるでしょう。グランド・キャニオン・ウェストリムまでヘリコプターで行くツアーもあります。ラスベガス側のキャニオンでは、イーグルポイントのような天然彫刻を見たり、深さ1,200mの渓谷にせり出したガラス張りのU字型ブリッジ「スカイウォーク」を散策することができます。時間に余裕があるなら、サウスリムまでバスに乗ったり、国立公園まで約4時間のドライブをしてみるのも良いでしょう。

4. フルサービスのスパを満喫

アクティブに観光するより、まったり癒しのバケーションを求めるのであれば、スパのあるホテルをチェックしましょう。「ヴィダラ・ホテル・アンド・スパ」は、2フロアが「ESPA(エスパ)」となっており、全身の泥トリートメントからアロマテラピー・マッサージまで全てを取り揃えております。「ESPA」は電気機器や通信機器などが全くないゾーンなので、心身ともにリラックスができ、自分を甘やかすひと時が楽しめるでしょう。

5. セレブ気分が味わえる、知る人ぞしるシアター

ラスベガスに数えきれないほどのショーが行われていますが、居心地の良さも重視したいなら、小さめのシアターをチェックしてみましょう。たとえば、MGMリゾートの「パークシアター」は、約5,200席とラスベガスの中でも比較的コンパクト。アーティストたちとの距離が縮まり、他のショーよりも間近で見ているような感覚になるでしょう。

6. 冒険心をくすぐるアウトドア

眠らない街だからといって、ショーや、ナイトクラブしか楽しむ場所がないわけではありません。「レッドロック・キャニオン国立保護区」には12本を超えるハイキングトレイルがあり、探検ができる登山道も複数あります。また、ボルダーシティ近くの「フライトライネズ・ジップライン」や、「フーバーダム」へ出かけてみるのもおすすめです。

7. 明るすぎる夜

ラスベガスでは曜日に関わらず、活気に満ちたナイトライフが待っています。クラブレジデント達によるショーを楽しんだり、マンダレイ・ベイの「ライト」やシーザースパレスの「オムニア」など、この街で一番ホットなナイトクラブへ出かけてみよう。

8. ハッピーな街のハッピーアワー

ラスベガスがもっとも素敵な時間帯は、夕方かもしれません。地元のバーやレストランによるハッピーアワーを利用すれば、存分に楽しみながら、お財布もハッピーになることでしょう。フレモント・ストリートが見渡せるプラザの「オスカーズ・ステーキハウス」では、16時~19時(日曜~木曜)までドリンクやおつまみが半額に。MGMグランドの「クラッシュ」では、17時から19時までハッピーアワーとなります。

9. メニューに載っていないシークレットメニュー

ラスベガスには世界最高のシェフ達がいます。つまり、メニューに載っている料理が彼らの力量の全てではないと言えるでしょう。たとえば、フォーシーズンズ・ホテルの「チャーリー・パーマー・ステーキ」では、週替わりのシークレットメニューを提供しているそうです。また、コスモポリタンの「ミロス」では、$29のシークレットランチを味わうことができるらしいです。

10. 鳥のようにラスベガスを観光

ベガスは、気球とヘリコプターの両方のツアーを提供しており、今まで見たことがないアングルから華やかな街を楽しむことができます。「アドベンチャー・ヘリコプターツアー」なら、ラスベガス・ストリップを周遊するツアーや、フーバー川、ミード湖やレッドロック・キャニオンの上を飛行するアウトドア好き向けのツアーもあります。