Getting Around Vegas

ラスベガスに行ったことがない人は、ストリップの端から端までは、当然歩いて行けると思っているかもしれません。確かに歩ける距離ではありますが、あまりお勧めはできません。浮腫んだ足で一日過ごしたくはないという人のために、ベガスの交通機関をまとめて、それぞれの手段を利用するベストタイミングを紹介します。

Uber & Lyft

長らく議論はされましたが、最終的にUberとLyftは交通手段の1つとして許可が下りました。UberとLyftがどんなものか知らない人のために簡単に説明すると、どちらもライド・シェアリングのアプリで、ドライバーが個人の車で迎えに来てくれて、目的地まで送ってくれるサービスです。

価格:値段は行き先によって異なる。Uberは価格帯を示すこともあるが、Lyftには価格帯表示がない。

利用アドバイス:時間帯に関わらず非常にいい交通手段だが、ストリップから離れているところで利用することをおすすめする。ホテル施設内にいる時や、ストリップまで来て欲しい時に呼ぶのはおすすめしない。一般タクシーの場合、ホテルやストリップではない場所に来てもらうのに非常に時間がかかるため。

注意点:価格の急騰で、30~50ドルで乗車できたはずの行程が結局100ドルになってしまう場合があるので注意。ホテルにはUberとLyft用のスペースがあるので、どこにあるか把握しておきたい。最後に、現時点ではLyftのみ空港に入れることになっていることに注意したい。

モノレール

モノレールはストリップの7か所に駅があります。:MGMグランド、バリーズ/パリス、フラミンゴ/シーザーズパレス、ハラーズ/ザ・リンク、ラスベガス コンベンションセンター、ウエストゲート、SLSラスベガス

価格:片道5ドル。ワンデイパスは12ドル。2~7日間有効のパスの値段は22~56ドル。ネバダ州民は片道切符が1ドルで購入可能だが、切符の購入枚数に応じていくつかの制限がある。

利用アドバイス:泊まっているホテルがモノレール停車駅の近くにあり、停車駅近くにある別のホテルに行く場合や、ラスベガス コンベンションセンターで行われるイベントに参加する際に非常に便利である。ストリップから離れているホテルへの無料シャトルも提供されているため、ホテルからの無料シャトルサービスがあるか確認しよう。

注意点:モノレールは24時間運行していない。モノレールの運行終了後は別の交通手段を探そう。

タクシー

タクシーはラスベガスにおける最もメジャーな交通手段。台数は非常に多く街の至るところを何時でもタクシーが運行しているため、ホテルでタクシー待ちのために列に並ぶこともほとんどありません。

価格:道路状況と時期によって異なる。空港からのタクシーは追加料金がかかる。

利用アドバイス:タクシーは施設間の移動や空港への移動、または夜のクラブ帰りの際に、非常に便利だ。街中には十分な数のタクシーがあるので、夜遅くてタクシーがつかまらない心配をする必要はない。

知っておくべきこと:UberとLyft同様、ストリップでタクシーを拾うことはできない。ホテルにはタクシー乗車所がある。たいていの場合ホテルのボーイがいる近くにタクシー乗車所がある。ドライバーとの間で何か問題があればネバダ・タクシー運営局702-668-4005に電話しよう。

デュース(The Deuce

デュース(The Deuce)とは、地域交通局が運営するラスベガスの公営バスの名前。街中を走るバス路線のうち、ストリップとダウンタウンに行く二つの路線が使いやすい。デュース・オン・ザ・ストリップ線はストリップにあるほとんどの施設に停車する。SDX ストリップ & ダウンタウン・エクスプレス線は快速で、デュース・オン・ザ・ストリップ線に比べ停留所数は半分。

価格:2時間パス 6ドル、24時間パス 8ドル、3日間パス 20ドル。バス車内で切符の購入が可能。

利用アドバイス:ストリップを観光したいけれどお金を節約したい、バスに乗るのが平気ならお勧めの交通手段。ストリップからダウンタウン・ラスベガス/フリーモントストリートへの交通手段として一番安い。

注意点:タクシーと違い、デュースはストリップで乗車が可能。深夜0時以降エクスプレスバスは運行しないので、0時以降にホテルに戻る場合はデュース・オン・ザ・ストリップに乗るしかない。

また、デュースは空港からホテルまでの移動で1番お金がかからない方法だ。デュースは空港に停車しないので、空港からまずは109番バスに乗ってサウスストリップ駅でデュースへ乗り換えよう。109番バスはターミナル1から乗車できる。

LOAD MORE