早くから遅くまで楽しめるSearsucker(シアサッカー) 早くから遅くまで楽しめるSearsucker(シアサッカー)

食事が良い思い出になるのは1日のうちのいつでしょう?

「早くから遅くまで楽しんでね」。そう話すCaesars Palace(シーザースパレス)内にあるSearsuckerのシェフBrian Malarkey(ブリアン・マラーキー)は、Bon Appétit(ボナペティ)のチーフエディターAdam Rapoport(アダム・ラポポート)にその理由を話します。

Malarkeyはそのプロセスを少しだけ披露してくれています。Searsuckerでは、ハラペーニョ・チョリソーと芯なしトウモロコシや芽キャベツとクルミの炒め物といった看板メニュー同様に、38オンスの骨付きリブアイステーキの「トマホーク」、ポークリブのビール煮込み西洋わさびとオニオンフライ添え、卵とベーコンもご用意しています。ダイニングのしめには、グラハム粉を使用したスイーツ、はちみつとチョコレートのムース、マシュマロとアイスクリームが味わえるS’mores Bar(スモア・バー)へ。

ぜひお試しください。そして、心行くまで長居してみてくださいね。